2021/03 site24x7 でのSLA状況・統計データ

じゃんくはっく
じゃんくはっく

新年度、始まりましたね!

この季節、あったかくて好きだわー

ぴー
ぴー
じゃんくはっく
じゃんくはっく

リモートで自宅で仕事してるときが一番つらいねw

せめて散歩でもして気晴らししないとね!

ぴー
ぴー

春ですねー! めちゃくちゃ暖かくなって外出したいんですが、なかなか世間の事情で旅行とまでは行きませんよね。せめて、散歩くらいはしたいものです。仕事の用事で、東京ー名古屋間をバイクで走ったのですがまだ夜は寒かったです。昼はちょうどいい天気で、めちゃくちゃ気持ちよかったです。

 さて、ちょっと遅れましたが今回も3月のSLA統計データを出しておきます。

何を目指しているの?

稼働率・SLA99.95%をスマホ自宅サーバで目指せ!まずは1ヶ月間

LINK

site24x7のスターターパックを2020の10月から始めています。監視サービスでSLAを99.95%目指しています。99.95%とは1ヶ月にダウンタイムが21.6分以内であればOKということですが、10月から初めて1回しかクリアしていません。今年の2月に達成できたのですが、それ以外はNGINXか、PHPか、何かがメモリーリークしているような現象になります。

2021・03のSLA

今月の結果です。障害時間の合計は7 時間 39 分あって、SLAは98.972%となり目標の99.95%には届きませんでした。今月からなのか、site24x7のレポート画面が少し進化したようです。

主な内容はNGINXの「Bad Gateway」問題です。この事象は不定期に発生しますが、必ずOSがフリーズしたような現象になります。おそらくメモリーリークしている感じです。完全にOSが死んでいるわけではなく、かろうじて動作はしています。なぜなら、NGINXはBad Gatewayの応答を出しています。また、thingspeakで、CPU温度や、バッテリー温度をpythonで投げているのですがこれは動作しています。再起動するときに AndroidOSのホームを開こうしても開ません。仕方なく、電源ボタン長押しで強制再起動という感じです。

どのくらいのアクセス数なの?

去年の10月くらいから、pixel3のスマホサーバに引越ししたのですが、アクセス状況はこんな感じです。引越し以前のデータもそれほどかわりません。横ばいといった感じです。

こんなサイトでも3000人くらいのユーザさんが見ているのには驚きです。見ていてくださってる読者さんには感謝ですね。

まとめ

今回、なんとなくわかったのは以下となります。

・時間をなんとか作って、NGINXを新システムに載せ替える
・メモリ使用量などOS情報を外部に投げる仕組みを考える

あとがき

課題はわかっていて、その調査をするか、代替え策を実行するか、やるべきことはわかっているのですが、腰が重いです。やることが退屈なので、違う面白いことに目がいってしまい、そのうち手をつけたいなと数ヶ月ずっと思っています。

著者にメッセージ

間違いのご指摘など、コメントじゃなくて、個人的にやりとりしたい場合はこちらからどうぞ。お返事が遅くなるときもありますが、ご了承を。

メールを送ってみる

2021/03 site24x7 でのSLA状況・統計データ」への4件のフィードバック

コメントは受け付けていません。

※現在、コメント送信するとログイン画面に飛ばされますが、届いていますので気にしないでください。